解約したあとは支払っている返戻金が返ってくるのです

通常、任意保険とは強制保険の自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲内で補いきれない部分の補償を受ける必須ともいえるものです。

これは任意保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せという役割で有用なものですので、自賠責保険でまかなえる支払いの限界を上回った際に登場します。

さらに自賠責保険では物に対する損害に関しては補償が受けられないので、それをまかなうのであれば任意保険に加入するのがいいと思います。

もう任意保険の保険料を支払っているマイカーを廃車にする際は、国産メーカーの自動車やアメ車ということは例外なく残金が戻ってきます。

国産車を処分する場合でも例外ではありません。

自動車損害賠償責任保険は、一般的には入ったままにしておくのが常識ですが任意保険は誰もがかける保険ではありませんから解約をすることになります。

それから、任意保険を解約したあとは支払っている返戻金が返ってくるのです。

愛車の売却が決まったからといってすぐに加入している任意保険を解除することはリスクがあります。

当たり前ですが、すぐに契約解除すればその分返還される金額は増加しますが自動車買取のお店が離れた地域にあり、自分で運んで行くような時は、任意保険に入っていない状態で運転をするはめになります。

もしもの時に備えて、必ずこの先車の運転をしないという状況になるまで契約の解除手続きはすることがないようにしてください。

中古車を引き取ってもらって新しい自動車を購入するのならば構わないと思いますがもしずっと車に乗らない状態が継続して任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない時間が存在すると、以前に入っていた時の等級が下がり、保険料の金額が増額されます。

そういったようなケースは「中断証明書」を出してもらうようにする必要があるんです。

この「中断証明書」を使えば、最長10年は無保険になる前の等級を継続することが可能です。

これは、13ヶ月以内でしたら発行してもらうことが可能ですのでもし現在愛車を売却していて「中断証明書」というものを発行してもらっていない状況であれば、保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。

新たに車を買ってその後以前保有していたクルマを廃車してもらうのならば、契約は片方のみの契約になります。

任意保険の変更になるため、運転しなければならない自動車ならば買取までには注意が必要です。

さらに、任意保険というのは自動車の種類により保険料が少し異なってきますので、買取の時は任意保険を見直す好機でもあります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.ebce.net All Rights Reserved.