きちっと準備をしておくことが大事です

ようやく開始する時という場合では、何をおいても下調べをおろそかにしてはいけません。仕事 辞めたい アフィリエイト

取引を行う前、場面を合理的に調査する事のできる余裕がある。

ところが、一回相場の内側に飛び込んでしまうと、どうあがいても捉え方が自己中心的になりがちでちゃんとした状況がわからなくなる可能性があります。

それゆえにメンタルが冷静なうちに、きちっと準備をしておくことが大事です。

”事前準備”するためには、最初は自分の筋書きを考える事から開始します。

明日からの投資状況は上がる(または下がる)からユーロを売る(あるいは買う)といった自分の脚本を書いていきます。

次は時間足チャートをチェックしましょう。

今までのマーケットの推移を見極めて現在の価格を調べます。

そうしたら、「今日は過度に高い段階になっている」とか、または「もうすでに大方の方々が売買しているから、今から慌てて売買しても今はもうやりようがない」ということが納得できます。

無論しかけるのが間に合わないなと思っていたら、売買しないで、その場面ではすっぱりとあきらめることか重要です。

無理にあなたなりのストーリー展開を押し通そうとして、無理やり売買すると、為替相場にやられてしまい、むしろ損失を被ることになる危険があります。

ただかなりの場合用意周到にあなたなりの筋書きを考えているとすれば売買が遅いという具合にはならないだろう。

たぶん、現実に相場が変動する前の状況のはずです。

続いては、差し当たり自身が売り買いしようと決めている外貨の推移をきちっとチェックすることが不可欠です。

円安に向うと推測する台本を記したのであればドル円の変化に気をつけておきます。

為替相場の変化をチェックし始めた状況ではまだドルは明確に変動する様子を見せることなく、小さな変動をしているだけでしょう。

しかしながら、その動きをちゃんと気をつけていると、ある位置でじわじわと、ドル高へと市場が変化し始めます。

このチャンスでやっとドルのエントリーします。

これだけ計画的に事前の準備をすればその売買で勝つ確率は比較的大きくなるはずです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.ebce.net All Rights Reserved.